某緑化センターに勤めて、ガーデニングにはまってしまった素人女のガーデニングブログ。


スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
【--/--/-- --:--】 スポンサー広告 | トラックバック(-) | コメント(-) |
多肉の葉挿し、こんなふうに成長します^^
センターの芝生広場に置いていたラティスたちを、お引越しさせました。
アンゲロニア
並べると圧巻です!
アンゲロニアが、とっても見事に咲いていて「ほえ~!」ってなります^^


さて、ときどき質問いただく多肉ちゃんですが、今日は葉挿しの成長過程をご覧いただきたいと思います。

多肉のうれしい特徴として、葉一枚から成長するということがあります。
こんなふうに、ポロッと取れてしまった葉をほったらかしにしていると…
多肉の葉


季節や種類によりますが、だいたい4,5日から10日くらいで、細い根っこが出てきます。
多肉の赤ちゃん
生きようとする力が強いのか、土の上に放置しているより、こんなふうに何もないとこに置いておくほうが、早く根が出てくるような気がします。
もちろん最初から土の上に置いておくのもいいと思いますよ^^


ちっちゃな芽(プク)が出てきたら、土の上に移動させましょう!
葉ざしの多肉
しばらくすると、プクがプクプクになり、こ~んなに大きくなりました!
もとの葉は、プクの成長時のエネルギーとなり、だんだんシワシワになってきます。
なので、葉挿しするときの葉は、プクプクの大きな葉のほうが、うまく成長すると思います。


そして一番大事なこと。それは…
水をあげないこと!

普通の草花と多肉で決定的に違うのは、水やりです。
多肉は日当たりのよいところで、乾燥気味に育てるのがポイント。
カラッカラに乾燥させてから、たっぷり水をあげるのが正しいとされています。

私は超スパルタなんで、ほとんど雨のみの水やりですが、理想は雨にもあてず、日光だけをたっぷりあてて、鉢の底からたっぷりの底面冠水です。
葉には水が当たらないようにしたほうがいいですね^^

で、葉挿ししたのものには、ほんとに水やりしないで下さい。
根が出るまで、多肉さんはお水厳禁です。
大丈夫?って思っても、水はあげないで下さいね。腐ることがあっても、乾燥で枯れる確率はかなり低いです^^;
もちろん雨にもあたらないようにしてください。

多肉は春が大好きなので、一番成長するのはやっぱり春です。
で、次は秋^^
もうすぐ涼しくなりますね、そしたら紅葉も始まるし、お休みしていた夏より、ずっと育ちもよくなりますよ~!

クリックしてくれると嬉しいです^^
FC2 Blog Ranking



スポンサーサイト
【2008/08/31 00:58】 多肉植物 | トラックバック(0) | コメント(10) |
| ホーム |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。